脱色してムダ毛を目立たなくする方法と難点


ムダ毛の処理には幾つも方法があります。

ピンセットで抜いていく脱毛やカミソリで剃る方法、また科学的に毛を生えて来なくさせるレーザー脱毛や針脱毛などが有名です。

これらはムダ毛を物理的に除去する事により肌を美しく見せる訳ですが、別のアプローチとしてムダ毛の見た目が気にならなくなれば良いという考えもあります。

ムダ毛が気になるのは毛の色が黒いから目立つのです、このためムダ毛を脱色してしまえば目立たなくなります。

利点としてはブリーチ剤を一定時間ムダ毛の気になる部分に塗るだけですので手間がかからない事です。

難点としてはブリーチ剤のにおいが挙げられます、ただし製品によっては芳香成分が含まれているためそこまで気になるほどではありませんが部屋の換気はどちらにせよ必要です。

この他の難点として薬品を使うため肌の弱い人や粘膜のそばでの使用はお勧めできません、またうぶ毛より太い毛については脱色しても目立ちますので万能ではありません。

においが気にならない脱色剤とその使用方法。むだ毛の脱色をするには専用の溶剤を利用します。

薬局やドラッグストアで売っていることが多く、簡単に購入することができます。

価格もリーブナブルなものが多く、自宅で簡単に使用できるため、脱毛に比較して簡単にできるという魅力があります。

色を抜いていく過程で、溶剤を一定期間塗布した状態でいるひつようがありますが、その際に発生するにおいが気になるという方にお勧めな商品が無臭タイプの脱色剤です。

以前は独特な科学的においのものがありましたが、無臭タイプなら気になるにおいが抑えられ、さらに皮膚への刺激も抑え目となっています。